teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. スーパーコピー激安ブランド(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おかげさま

 投稿者:安永 享紀  投稿日:2019年 4月18日(木)18時01分34秒
  御朱印巡りで鈴虫寺に行きまして、心を磨くことの大切さとそのためには「おかげさま」「おせわさま」「おたがいさま」をしっかりと相手に伝えることが大切だとという説法を聞いて、日々の言動を反省している今日この頃です。
ちなみに、お酒の神様の松尾大社が近くにあり、山吹がきれいに咲いていたので写真を撮ってみました^^

オットン先生の前に進むカキコを見て、非常に勝手でデリカシーがない意見ですが、できれば今年は大阪でまた皆様と楽しいお酒が飲みたいなと思っている今日この頃です^^
 
 

ありがとう!みなさん!!

 投稿者:オットン  投稿日:2019年 4月 7日(日)18時38分3秒
  週末に四十九日の法事をします。

ヤット、亡くなったことを受け容れることができるようになってきました。


毎年必ず出かけていた水間寺とその公園のさくら! 今年も、満開になっていました。

写真を抱いて、お花見に出かけました。

”アリガトウ! もういいから、自分の仕事をやって!”  幻聴かもしれません!

「カミ様」の声を聴いたような感じがしました。


散り始めてきたハナビラを受けながら、「認知症カフェ」に行ってみよう。

年恰好の似た人たちが集まる場所を探してこよう。

そんなことを考えるようになりました。


みんなが和らぎを求め、仲良く過ごせるように、そんな願いを込める「元号」が決まったのですね。

 

エアーで

 投稿者:くみちゃん  投稿日:2019年 4月 2日(火)21時25分22秒
  令和、と書いてみます。。
何だか良き字ですね。万葉集からってのもうれしい。
改めて、また読んでみようかと、思ってます。
 

令和

 投稿者:安永 享紀  投稿日:2019年 4月 2日(火)14時21分22秒
  新年度に新元号とバタバタしている中、本日から札幌シリーズ突入になっております。家族と離れていることが多いですが、今週は娘を久しぶりにディズニーランドに連れていきますので、ひと頑張りしようと思っている今日この頃です^^  

確かな存在

 投稿者:くみちゃん  投稿日:2019年 3月20日(水)21時53分7秒
  母が逝った時、それまですぐそばで体温を感じながら暮らしておりまして、
居なくなった現実は、物理的な身体の疲れや看病の辛さからの解放という形で
生活が一変しました。
感情が追いつかない日々が続いて、その頃の記憶は非常に薄く今でも思い出せないです。

法要がすみ、落ち着いた頃、何となく深呼吸したら、母の香りがしました。
お気に入りのワンピースやエプロン、、長い入院で身につける機会もないのに
不思議な不思議な感覚。
抱きしめて泣きました。もう25年も前のことですが、、

人には人の悲しみの向きあいかたがあるように思います。

もう、ワンピースもエプロンも押入れの奥に眠ってますが、
でも、生きている限り、母はすぐそばで見守ってくれてるのです。
体温は感じないけれど、自分の手が母の手に似てきたり、
キッチンの布巾の干し方や、お味噌汁の加減や、階段を上る自分の姿に、
あれ?って、ふふふって、そこに居ないのに存在を感じる日があります。
同じ日常の繰り返しなのに、時にふっと感じるのです。

先生に想いを馳せ、自身を思い起こし、
家族の存在の大きさを改めて考える、今日この頃です。


 

夏枝さん,ありがとう

 投稿者:オットン  投稿日:2019年 3月20日(水)11時50分56秒
  悲しさは消えていませんが,相棒でもありお守りでもあったカミ様は,ずっとそばにいてくれていることがわかってきました。
毎日、声をかけていますし、毎日微笑んでもらっています。

年をとれば、いろんなものが無くなっていくし、やっていたことがやれなくなるし、、当たり前のことを、自分だけは・・なんて思ってしまうものですね。

生きている限り、誰かのために何か役に立つように、心がけてゆきます。

機会があれば、出かけてゆくこともありますので、どうぞお声掛けください。

くみちゃん、あっちゃん、ぷーさん、よしきちさん、ねこさん、さっちゃん、・・安永さん、

カミ様に、伝えました。「ありがとう」って、カミ様の一番好きな言葉で、喜んでくれました。
 

遅くなりました

 投稿者:夏枝  投稿日:2019年 3月14日(木)05時36分35秒
  オットン先生 書き込みが遅くなりましたこと、大変申し訳ありません。
長く人生を共に生きた相棒を亡くすことが どれほどの喪失感かと思うと とてもつらくなります… 「いないこと」には慣れるかもしれないけど いない寂しさは なかなか なくならないと聞きます。
カミ様のすがたはなくとも これからも「一緒」に過ごして欲しいと思います。
お身体 大切に 先生を想っている沢山の方に また笑顔を見せて下さいね!
 

お願いします!

 投稿者:安永 享紀  投稿日:2019年 3月12日(火)22時14分51秒
  オットン先生の今のお気持ち、わかったようなフリの自分を重々承知で、厚かましいこともわかっていますし、失礼なこともわかっておりますが、それでもやっぱり「みんなのために、何かお役にたつように!」とお願いしたいと思っております。

上手く言葉が見つかりませんが、この掲示板でよければ文字どり「なんでも」ですので、今後もよろしくお願いします^^
 

想いだすことがいっぱい・・

 投稿者:オットン  投稿日:2019年 3月12日(火)16時42分28秒
  どこかに書き留めておきたくなって、この掲示板を借りることにしました。

零れてくるのを拭うハンカチがわりに、

いつまでも「泣き虫オットン」でいるわけにもいきませんものね。

おっトンは、去年、高齢を理由に、無職になりました。だんだん起き上がれなくなってきた

「カミ様」と一緒にいる時間を増やしたかったのもあって・・。

特別な医療が必要な『病気』でもないし、私のそばにいることが本人の望みでもあったのと、

永年、私を支えてくれた「カミ様」に恩返しもしていなかった思いもあって、

身の回りのことや、食べ物のことで工夫したりするのは、むしろ私にとっては、

新しい仕事を得たようなことでした。

残された時間がどれだけあるかわからない中で、好きなものを食べ、懐かしい歌を口ずさんだり、

旅の思い出話をしたりしながら、数日たちました。

旅立った時も、私と手をつないだままでした。


もうこれだけにします。

「カミ様」の残した言葉の通り、「みんなのために、何かお役にたつように!」

残された人生を、過ごします。


ご弔意を書き込んで頂きました皆様に、この場をお借りして、お礼申し上げます。
 

お悔やみ申し上げます

 投稿者:さっちゃん  投稿日:2019年 3月 8日(金)08時39分6秒
  オットン先生、、お悔やみ申し上げます。
音田先生ご夫婦は 私にとっても理想のご夫婦像です。
お辛いでしょうが どうぞ お体ご自愛くださいませ。。。
 

レンタル掲示板
/114